YOUちゃんのレセプト診断で増収
レセプト診断

自院の医療行為の見える化

診断による経営改善支援

医療機関の良きパートナーYOUちゃん

こんな悩みありませんか?

  • 患者数(外来・入院)、診療単価、増えているが、医業収入が増えない
  • 将来への展望、現在の自院の診療動態(どのような患者をどのように診療)
  • 日々の診療で忙しく、年月が流れている、これで良いのだろうか

その悩みを『レセプト診断』が解決!

なぜレセプト診断

What to レセプト診断

医療機関における診療報酬請求(レセプト)は、電算コードが共通化どの医療機関でも同じコードで請求が行われます。特定コードは、診療行為を示します。
電算コードは、データの可用性・汎用性にて、潜在から顕在化(見える化)では、現状のレセプトはどのように扱っていますでしょうか?
保険請求(医業収入)の目的としてしか見ていないのではないでしょうか?
保険請求後にレセプト内容を調査することはあるでしょうか?
前月より医業収入が減少したなど、理由を見つけることはあるでしょう、紙面やレセプトチェックソフトを利用して『審査』目的となっていませんか、本当にそれで良いのでしょうか

How to レセプト診断

工程

ヒアリング

調査

分析&評価

課題

調査対象

  • レセプト(紙面、医事統計、UKEファイル)
  • 審査(減点過誤通知)
  • 経営指標

UKEファイルからデーター抽出&加工(匿名化)

豊富な経験を有する者

診療報酬制度を理解し、豊富な経験を有する者が分析&評価

レセプト診断は、診療報酬制度を理解して、豊富な実務の経験に基づき、現場での体験(失敗なども体験)による知識を持った者が取組みます。

データ分析&評価

データ分析&評価と見える化

多くの医療機関が自主的には見直さない業務、専門家が診断して増収を図ります。

成功報酬型

コンサルティング費用は、成功報酬型

レセプト診断では、調査・分析・評価を行います。標準作業では、10日間
報告書にて、経営課題と解決手法を提案致します、コンサルティングはここから始まります。

Critical Information

基金(受付速報値) レセプト

診療報酬 レセプト 診療報酬請求ソリューションサービス メール登録-1ダウンロード レセプト診断ニュースの概要 基金(受付速報値) …全国の請求点数の見える化 疑義解釈のまとめ …医療機能別に必要なところに必要な情報(算定チェックリスト) 中医協などのまとめ …今何を議論しているのか?をお届け   などなど お問い合わせ下さい 最新情報 支払基金(受付速報値)R4.8 by Microsoft Power BI https://receipt.gmml.jp/ TOP Page

詳細はこちら→

今やるべき理由

令和元年において、内閣府(厚生労働省)より、今後のデータヘルス改革の進め方について(計画)新たなデータヘルス改革が目指す未来の事業が公表され、この中でデータベースの効果的な利活用の推進の取組みがあります。それは『2025年』

厚生労働省が目指すデータヘルス改革
~2025年度事業計画~

医療・介護現場の情報活用の促進

データベースの効果的な利活用の促進

ゲノム医療AI活用の推進

自身のデータを日常生活改善につなげるPHRの改善

医療機関は何を準備しますか?
  • オンライン請求(平成22年義務化)
  • オンライン資格確認(令和5年4月義務化)
  • 保険医療機関及び保険医療養担当規則に規定されました。
  • 共有・利活用
    現在:保険、特定健診、処方(電子処方箋は、令和5年1月開始)
    今後:医療情報を確認出来る仕組みの拡大
  • 受診歴(医療機関名など)、診療年月、入外、診療識別などの診療行為(手術(Kコード)、在宅医療、医学管理料、放射線治療、画像診断、病理検査、透析などの診療行為情報、PHRなど)レセプト情報
  • 医療機関の医業収入目的であった、診療報酬明細(レセプト)は、患者同意により他医療機関の医師など、情報の共有と利活用が進みます。

お問い合わせ